• ホーム
  • AGAなどにも効果があるニゾラールシャンプーにも副作用がある

AGAなどにも効果があるニゾラールシャンプーにも副作用がある

2019年08月14日

頭皮がベトつき湿疹やフケで悩まされる脂漏性皮膚炎や、男性ホルモンが影響で薄毛になるAGA治療に用いられるニゾラールシャンプーですが、有効成分に殺菌作用ある薬が配合されていることから医薬品になります。
よって副作用の心配をする必要があります。
比較的ニゾラールシャンプーは副作用の報告がされていません。
しかし誤った使い方をすると、副作用を感じることもありますので決められた用法で使用してください。

ニゾラールシャンプーは、洗浄力が強いことと、そして脂漏性皮膚炎の原因である真菌の働きを抑制する効果があります。
そのために毎日使い続けると帰って頭皮に悪影響を与えることがあります。
人間の体は必要なものを補おうとする力があります。
皮脂を必要以上に奪うと、皮脂を補おうとして多く分泌されることになります。
脂漏性皮膚炎の原因となる真菌は、その皮脂を好物にしていることから使い続けるとかえって症状が悪化されることになります。

よって週に2,3回の使用が好ましいです。
脂漏性皮膚炎が酷い場合は、症状が落ち着くまで使い、落ち着いた後は使う頻度を抑えるようにしましょう。
頭皮にも皮脂が必要になりますので、保湿の観点から使い過ぎないようにしてください。
AGA治療で用いる場合も同じです。
AGAで悩んでいる男性は、特に脂漏性皮膚炎を併発していることも多いことから、ニゾラールシャンプーは大きな効果がありますが、使い続けると頭皮にダメージを与えますので、ほどほどにすることが大切です。

外用薬で対策を行うことも必要ですが、皮膚炎というのは日常生活の乱れも影響を与えます。
バランス良い食事や適度な運度、そして快適な睡眠も忘れずに行うようにしましょう。